早漏防止に評判のフェミニーナ軟膏を塗ったら劇的に効果があった件

更新日:

こんにちは、精通が始まった小5以来、早漏歴20年近くになるガチ早漏野郎のサプリマンです。。。

今更になって早漏対策を本格的に調べ始めたわけですが、その時、素晴らしい早漏防止アイテムを発見してしまいました!

今回そいつを紹介しようと思うんですが、その前に、早漏の原理と最も基本的な対策方法をカンタンにまとめたので、見ていってください!

早漏の種類には大きく分けて3種類

老人性早漏

年齢とともに男性ホルモンの分泌が弱くなり、勃起力の低下とともに早漏になってしまうのが老人性早漏。オジサマに多い。早い人だと30代くらいからなる人もいるみたいで、「昔は早漏なんて無縁だったのになぁ。。。」っていうオジサマは恐らくコッチのタイプかと。

過敏性早漏

名前の通りペニスが刺激に対して敏感で、すぐ気持ち良くなって射精してしまう早漏。

心因性早漏

脳内で妄想が進みすぎて興奮しすぎてしまうタイプ。小さい頃からちょっとした妄想でスグに勃起しまくっていたサプリマンはこのタイプでもあります。圧倒的に性的興奮がしやすいので、感度が高まりやすくてイキやすい。

早漏はこの3種類になので、オジサマ以外の早漏は、刺激に弱いか、興奮し過ぎちゃうかの二択ってこと。もちろん、サプリマンのような両方の性質を持ち合わせたハイブリッドなタイプもおりますぞ。(汗)

余談ですが、一時期エロい音声を聞きながらオナニーを促す「催眠オナニー」っていうのが流行ってたけど、コレをマスターした人はペニスに触らずに射精までイケるともっぱらの噂。。。

サプリマンも何回か試してみましたが、さすがにそのままでは射精できず、結局手を使って普通に抜いていました。今思えば、 ノーハンドオナニーができるっていう人はたぶん心因性早漏の素質があるんじゃないかなぁって思います。しらないけど。

最も基本的な早漏対策としては

どの早漏タイプでも「ペニスへの感度を鈍らせる」のが最も効果と言われてます。想像通り(笑)なんですが、如何にペニスへの刺激を抑えるかが重要ってことですね。メンタル的要因でも、ペニスの感度が鈍らせれば十分に対策できます。

早漏あるあるで、お酒を飲んでペニスやメンタルの感度が鈍っていた方がセックスが長持ちして調子が良いのと同じ(?)理屈です。普通の人はイケなくなるからお酒は程々にするみたいですが、、、

外部刺激に慣れるため普段からペニスをローションで丹念にマッサージすれば、早漏も若干改善することもあるみたいなんですが、サプリマンのような極度の早漏にはこのくらいの効果では付け焼き刃。気休めにしかなりませんでした。(泣)

さて、早漏の人なら一度は調べたことがあると思うんですが、有名な早漏治療薬(軟膏)に「トノス」っていうのがあります。

4983904001730_7

これは局所麻酔成分+男性ホルモン(テストステロン)が配合されたもので、行為前にチンチンに塗りたくって、麻酔でペニスの感度を鈍らせる&男性ホルモンで勃起力を高めようっていう老人性早漏向けの早漏改善薬。むしろ男性更年期障害治療にまで効果が及ぶガチな薬です。

老人性早漏だったらトノスは間違いなく効くと思うんですけど、過敏性早漏マスターには、一緒に含まれている男性ホルモンが余計なんですよね。若いうちから男性ホルモンを外部から取り入れると、身体がサボって体内からの男性ホルモンの分泌が弱くなるとも言われてますし。いや、言うほど若くはないんですが、不安なので一応ね。(汗)

単純に男性ホルモンの有無でビビってるんですが、仮に男性ホルモンが入ってなかったとしても、とにかく高いんですよ。トノスって。つい最近地元の薬局で見た時は、3,500円くらいで売っていた上に内容量もたったの3g!常用するにはお財布に優しくなさすぎる。。。

理想は、局所麻酔の要素だけを安価でゲットしたいってワケです。

 

そこで我々サプリマンが、一生懸命探しました。

そしてね・・・安価な早漏対策アイテム、見つかりましたよ。お父さん。

トノスの約20倍のコスパ。その名は「フェミニーナ軟膏」

フェミニーナ軟膏(小林製薬)って知ってますか?

早漏対策にフェミニーナ軟膏

元々は女性の陰部のかゆみを抑えるための軟膏なんですが、局所麻酔効果のあるリドカインが含まれているので、トノスと同様にペニスに塗ると感度を鈍らせることができるとのこと。

しかも内容量が15gも入っているのに、お値段なんと800円~900円程度!コスパで見たらトノスの約20倍もお得なんです。(笑)

参考:フェミニーナ軟膏

ネットでは海外製の怪しい早漏防止クリームやスプレーも売ってるけど、馴染み深い小林製薬ってだけで安心感が段違いっす。ダンチ。

小林製薬のフェミニーナ軟膏

ちなみに、同社から出てる「ムズメン」っていうフェミニーナ軟膏の男性版みたいな軟膏もあって、これも早漏に効果的みたいなんですが、ムズメンの軟膏自体の粘度が高くて、ペニスに塗り拡げるのが少々やりづらいってことから、フェミニーナ軟膏の方が良いとの噂。(機会があれば、そのうち試してみたい。)

2chの書き込みを見てみても結構評判が良かったので、早漏マスターのサプリマンも早速使ってみることにました!

その前に、基本的なフェミニーナ軟膏の運用方法(早漏防止Ver.)をご紹介。。。

早漏対策的フェミニーナ軟膏の使い方

1.塗る。

セックス前にフェミニーナ軟膏を適量を指に取ってペニスに塗り、拭き取らずにそのまま待機。亀頭周りや裏筋のような敏感なところは念入りに。

2.洗い流す。

15分~20分もすれば、ペニスに麻酔が効いてくるので、シャワーを浴びて石鹸とかでフェミニーナ軟膏をしっかりと洗い流す。洗い残しがあると、女性との接触面(口や膣の中)が麻痺る場合があるので要注意。

※コンドームをするなら、洗わずにそのままゴムを装着してプレイも可。ただし、この場合は麻酔が効きすぎる場合もある。サプリマンにはコレくらいで丁度よかったが。(笑)

3.楽しむ!

後は思う存分にセックスをするだけ!洗ってから大体30分くらいは麻酔が効いているので、超早漏もビックリな長時間プレイが可能!

注意点を挙げるなら、ペニスに塗るフェミの量と時間で麻酔の効き具合が変わってくるので、塗りすぎると逆にイケなくなったり、塗りが甘いと早漏のままなので、何回か試してみて、適宜調整しながら使ってください。

ぶっつけ本番でフェミニーナ軟膏を使うよりもオナニーの時に何度かテストしてみて、あらかじめ適量を探っておいたら準備の良いスマートな男子になれますね。(笑)

サプリマンもフェミニーナ軟膏使ってみた

こういうのは女性に気づかれないように準備するのがイケてる男子なんでしょうけど、サプリマンの場合は彼女しか相手がいないし、その辺の事情は一番良く知っている仲だから、彼女の目の前でガンガン塗ります。(笑)

軟膏を0.5cm~1.0cmくらいを指に取って、人差し指だけで器用にちんちんに塗る。軟膏がオロナインよりも柔らかいので指でカンタンに伸びます。

麻酔が効くまでに15分程あったけど、彼女を愛撫しながら指でイかせる頃には、ちょうどペニスの感覚が鈍くなってたので、サプリマン的にはちょうど良いタイミングだったかな。

まぁ挿れたくてしょうがなくて待てない時なんかは、フェミニーナが効く前に挿入して早漏のままになってそうですけど。。。(汗)

さて、ペニスの感覚がほぼ無くなったので、軟膏を拭き取らず、そのままコンドームを被せて挿入開始!

入れた瞬間、「・・・お!全然感じない!すげぇ!」思わず声が出ましたw

今までは快楽に顔をしかめながらの挿入だったのが、ほとんど何も感じない!試しに腰を動かしても、全然耐えられる!

嬉しさ極まり、今まで出来なかった体位をココぞとばかりにやってみたり、ガンガン高速で突いてみたりしたみたけど、終始全くの無問題。楽勝でした!

むしろ、これイケるんかな?って考えが一瞬頭をよぎった程だったから、フェミニーナの局所麻酔の効果は相当だと思います。セックス中の精神的な余裕がハンパないっす。(笑)

最終的には10分くらいプレイしてフィニッシュ。まだまだ長時間出来そうだったけど、既に十分な手応えを感じられたので適当に切り上げました。(〃∇〃)

彼女は長時間プレイで完全に疲弊し、「足が動かない・・・。」なんてぼやきながらもどこか満足そうに見えたのは、多分、気のせいでは無いはず。(笑)

「俺様ほどの早漏マスターにロングプレイができるなんて不可能だろ・・・」なんて高をくくってましたけど、フェミニーナの効き具合にはホント凄いと思います。

あと、普通の人はこんなにセックスを楽しんでいたのか!って思った。挿入10分って多分、普通の人には平均プレイタイムなんだろうけど、こんなにも満足感・充実感が違うんだもん、ズルいだろ・・・。(怒)

早漏が防止できるだけでこんなにセックスの満足度が違うなら、多少面倒でも毎回塗りますよ。(笑)

セックスに対しても自信が出てきましたし、また次のプレイの時も間違いなくお世話になることでしょう。エビオス錠に続いてサプリマンの常備薬入り 決 定 です(〃∇〃)

早漏改善での一番の理想を言えば、、、

フェミニーナ軟膏でも早漏対策としては十分な成果が出たんですが、欲を言えば、この手の麻酔アイテムに頼らずに何も付けない状態で早漏を克服したいのが理想ですよね。。。

早漏の根本的な治療ってことになるんでしょうかね。

サプリマンにとって、この早漏っていうコンプレックスさえ排除できれば男としての自信がみなぎってくると思うんです。いくらサプリでチンチンデカくしても、すぐに終わっちゃったら出番無いですから。(泣)

でも、本気の早漏改善法を調べてみると、なかなかこれが厳しそう。。。

1つは、包茎手術をするような男性用クリニックで、チンチンに直接、薬剤を注入する方法。ちょっと採血するだけで血の気が引いて弱っちゃうくらい、血なまぐさいことが苦手なサプリマンには、手術とか注射なんていうのはまず手が出せない領域っす、、、

参考:ABCクリニック

他にも、SSRIと呼ばれる「抗うつ薬」でも早漏が防止できるみたいですが、薬の副作用を考えると二の足を踏んじゃいますね。。。抗うつというところから、メンタルがやられそう?多分これも、勃起薬のメガリスと同様に効果も一時的だとは思うんですが、副作用が起きない人だったら最も手軽な早漏対策法かもしれません。

参考:SSRI(パキシルジェネリック)

真偽の程は不明だけど、もう一つ改善法を挙げるなら、早漏対策テクニックを紹介したDVDですかね。読者さんからの情報によると、この早漏改善DVDってのが良いみたいなんだけど、サプリマンにはこの手の情報商材系にはどうもマユツバ感を感じてしまって、買う勇気が無い。。。

でも、公式サイトの中身全部読破するくらい気になってはいるんですけどね。(汗)

参考:現役AV男優スパーキー佐藤が教える超早漏対策【早漏革命】

この中で唯一、身体への負担や悪影響が無さそうなので、サプリマンの人柱レビューの題材っていう意味では試しに買ってみてもいいんだけど、フェミニーナ軟膏っていう大発見をしたから、とりあえずはコイツで十分かな。

フェミニーナ軟膏に満足できず、早漏対策に更なる欲求が湧いてきちゃったら、検討してみるかってレベル。。。

早漏対策用の内服薬について追記アリこの記事の一番下に追記しました。

どの道、どの方法も人柱になる覚悟がないと手が出せないレベルなので、かなりハードルが高い。(汗)調べれば調べるほど、早漏のガチ対策が難しいものであることと、フェミニーナ軟膏のお手軽さが際立ちますね。

【追記】フェミニーナミストなる、スプレータイプもあった!

フェミニーナ軟膏

サプリマンはこのページのコメント欄で教えてもらって初めて認知したんですが、フェミニーナにはスプレータイプのフェミニーナミストというバージョンもあるようなので、(男性向け)フェミニーナ親善大使だと勝手に思ってるサプリマンがその使用感を確認してみることにしました。→フェミニーナミストの詳細

早速買ってみたのがコチラ。↓

フェミミスト

お値段も軟膏バージョンと同じくらいで、約800~900円程度。(30ml)

フェミニーナミストはスプレーなので、かゆ~いところ(本来は女性器)に対して手を汚さずに面で攻められるってのが最大のメリットのようだ。ちなみに、スプレーと言ってもLPガスが使われてないピュッピュっと出るタイプです。

元々女性用だし、オマンマンは複雑怪奇な部分だから軟膏でチマチマ塗るよりスプレーでババっと塗布できた方が便利なんだろうけど、オチンチンは立体的な棒状。散布範囲が「面」になってしまうと、どうしても棒以外の部分に吹きかかってしまうし、四方から攻める必要がある。逆に手間がかかってしまうんじゃないか?というのが現時点での率直な感想だ。

とりあえずどれくらいの範囲で飛ぶのかを確認するため、梱包に使われていたAmazonダンボールの上に、チンチンに見立てた端切れにミストを照射してみると、、、

IMG_2531

ぶしゃー!!

IMG_2532

多少プッシュにしくじったけど、不安がよぎる発射具合である。。。。(右側にスプレー痕。)

ぶっつけ本番での失敗は命取りになりうると判断し、とりあえずオナニー時に予習することにしました。

正直、早漏対策グッズとしては微妙

早速フェミニーナミストオナニーをしてみましたが、正直使い勝手が良くなかった。。。ぶっつけ本番でやらなくて大正解。(汗)とりあえず、フェミニーナミストが早漏対策グッズとしてダメだと思ったところを箇条書きにしました。

フェミニーナミストのダメだと思った点

  • 散布範囲が広いためチンチン以外にミストが掛かる。
  • ペニスの全方位から相当量プッシュしないとペニス全体に塗布出来ない。
  • 上記により全体にうまく行き届かないので、手を使って伸ばす必要がある。
  • 時間が経つと乾く。
  • 軟膏に比べて、麻酔感が弱い。←重要

最初に懸念していた通り、オチンチンの裏側までミストがかかるし、慎重になって近距離で噴射をしてみると今度は超狭い範囲にしか掛からなくなるから、結局、手を使って塗り伸ばさなければならなかった。。

手を汚さないで済むというスプレータイプの最大のメリットが丸っきり活かせてないのは、オチンチンの構造上しょうがないんですが(そもそもペニスに吹くなんて小林製薬も想定してないだろうし)、一番いただけなかったことは麻酔効果が弱かったこと。

ミストしてから10分くらい待機していたら、徐々にペニスに麻痺感が出てきましたが、やはり軟膏バージョンのそれと比べると全然別物。軟膏の麻酔感が10とするなら、ミストは4~5くらいの感じ方でした。ペニスの表面はうっすら感度が鈍ってきたが、それ以外はまったく変わらず。吹いたところが時間と共にドンドン乾いてくるから、麻酔効果も薄まってるんじゃないだろうか。。。

当然サプリマンレベルの早漏に対して、こんな付け焼き刃程度の麻酔で射精感を止められるハズもなく、通常時とほとんど変わらないタイムでフィニッシュ。。。改めて、フェミニーナ軟膏の使い勝手の良さを確認する結果となってしまいました。

補足
フェミニーナミストに含まれる局所麻酔成分のリドカイン塩酸塩は、フェミニーナ軟膏に使われているリドカインと比べると約7.5倍の効力があるとされてます。しかし、フェミニーナミストに配合されているリドカインが0.3g(100g当り)に対して、軟膏に配合されているリドカインは2.0g(100g当り)なので、麻酔の効果だけで見ればほとんど差はないです。

軟膏は手で塗るので余計な部分には付着しないし、第一塗りやすい。それに成分が塗った部分にしっかり留まるので麻酔効果も高い。手が汚れるという宿命を背負っているけど、どうせミスト吹いても手で塗る羽目になるわけだから、フェミニーナ軟膏は完全にミストの上位互換と言えるでしょう。(あくまで早漏対策においてはね。)

フェミニーナミストに限らずネットで売ってる怪しい早漏防止スプレーみたいな商品も、同様にペニスに塗りづらかったりする可能性が高いと推測できるので、個人的には無難に軟膏タイプでヌリヌリできるものにした方が、早漏対策としての確実性が高いと思います!

結論、早漏対策に使うならフェミニーナミストは止めた方が良い。

【追記】フェミニーナジェルというのもあった!

IMG_2699

こちらも読者さんからの情報で、フェミニーナにはジェルタイプも存在していたことがわかりました!その名もフェミニーナジェル!早速買って、使ってみることにしました。

IMG_2701

パッケージを見た感じ、麻酔成分であるリドカインの量も同じだから、早漏対策としても同様の効果を発揮してくれるのではないだろうか。ちなみに、ジェフェンヒドラミンとトコフェロール酢酸エステルの配合量が違うが、麻酔効果のある成分ではないので影響はないハズ。

IMG_2707

ジェルはサラリとしていて、半透明。ジェルと軟膏では塗り心地が結構違ってくるので、この違いが一つのポイントになりそうだ。

さて、早速ジェル使ってみました。

使い心地としては、ベタベタ感も少なくてサラサラだし、粘度が低いので塗りやすさは良かった。だけど、ジェルが柔らかいために伸ばそうとしてもスグに無くなるため、「追いジェル」がすぐに必要になり、結果的に結構な量を投入することになった。それに透明感があるから、どこまで塗ったのかがわかりずらいのも「追いジェル」が増えてしまった要因である。

電気を消した暗闇プレイだったら、まんべんなくオチンチンに塗ることはかなり難しいんじゃないかと思います。(汗)

後気になったのは、パッケージに「サラサラパウダーin」って書いてあるように、塗って少し経つとサラサラ感が出てきてしまうことですね。サラサラ自体は良いんですが、塗った所が乾いていくんんです。せっかく塗った麻酔効果が無くなってしまうんじゃないかと思うくらい、サラサラになってしまったのがすごく心配だった。

さて、問題の早漏的防止的な効果は・・・

サプリマンの体感では、軟膏よりも麻酔の効きが弱かった。

ペニスがほとんど鈍ること無く、何もつけていない通常時と同じくらいの速度で発射してしまいましたw麻酔が効いてないことはないんだけど、麻酔を実感するのがコンドームを外してチンチンを触った時だから、完全に後の祭り。(笑)もしかすると、塗った時に感じてたように、麻酔成分が乾燥してどっかいっちゃったんじゃないだろうか・・・?(・_・;)

とにかく、すぐにでもマヒって欲しい状況で、効果が遅かったのは致命的ではないでしょうか。軟膏が塗りにくくて苦手な人にはジェルは良いかもしれませんが、サプリマン位の重度の早漏マンには、面倒くさくても軟膏を塗った方が良いと思います!

サプリマンの結論は、ジェルはいまいち効きが弱い。です!

サプリマン的早漏対策のまとめ

手っ取り早く早漏対策をするなら、ペニスの感度を鈍らせることが最も効果的。それを、最も高コスパで手軽にできるのが「フェミニーナ軟膏」ってワケです。フェミニーナミストのようなスプレータイプは早漏対策としては非推奨。ジェルタイプもいまいち。

早漏用の医薬品とは違って副作用もないし、元々の用途が女性のデリケートゾーン用だから、男性のデリケートゾーン(笑)に塗っても問題ないわけだし。安全さや手軽さっていう意味ではかなり最強の部類ではないだろうか。

早漏天下一武道会で3位入賞する自信があるサプリマンでもガッツリ効いたから、大多数の人にも実感できると思います!

第一、安くて手軽に買えるのがいいですね!一本の値段が「800~900円/15g」なので、1回1g使ったとしても15回も楽しめます(〃∇〃)

1回あたりの値段がコンビニで売ってるコンドームより安いし、ネットではモチロン、ドラッグストアにも普通に売ってるのでぜひ、一度はお試しあれ!(〃∇〃)

早漏対策にコレ以上の理想(根本的な改善)を追い求めるつもりなら、現状、男性用クリニックに突撃するか、抗うつ薬を飲むか、早漏対策DVDをダメ元で実践するしか無さそうですね。。。

ってことで、サプリマンと同じように早漏で悩んでいる人はとりあえずフェミニーナ軟膏をレッツトライです♪

早漏仲間はフェミニーナ軟膏を要チェック!

【追記】どうやら、正式な早漏治療薬があることがわかった。

その名も「プリリジー」っていう世界初の早漏治療薬。これに含まれるダポキセチンっていう成分が脳の神経伝達物質のセロトニンに作用することで、早すぎる射精反射の発動を抑える(=早漏を防ぐ)効果があるみたいだ。

当然副作用もあるんですが、上記のSSLIのような本来の用途以外で使うのではなく、ちゃんと早漏治療に使う薬なので副作用に対する余計な不安感もないのも◎。これは試してみる価値がありそうだ。

また、心因性早漏の場合、コイツで成功体験を積み重ねれば射精に対する不安感やストレスも解消され、いずれは薬なしでもゆっくりセックスが楽しめることが期待できるって話です。すげぇ!

サプリマンも今度買ってみようと思うので、レビューしたら改めてサイトでご報告します(〃∇〃)

プリリジーは1錠5,000円位でスゴイ高価なので、ジェネリック薬のポゼットってやつが良いみたいです!(1錠100円ちょい~)

参考:ポゼット(プリリジージェネリック)
追記:早漏治療薬ポゼット飲んでみた【体験談】

追記:フェミニーナ軟膏に対するコメントや質問が増えてきたので、使用時の注意点や要点をコチラのページにまとめました。
→早漏対策としてフェミニーナをペニスに塗る場合の注意点・ポイント

精力・増大サプリの売れ筋ランキング

ヴィトックスα

文句無しの売れ筋No.1はヴィトックスα!3年前にコイツが登場してからというものの、増大サプリ業界の勢力図が大きく変わってしまいました…(汗)

ペニス増大効果と、+1箱キャンペーンによる圧倒的なコスパの良さで頂点に君臨!ペニス増大サプリの新たな定番として、初めての人にも安心デス!(〃∇〃)

ゼファルリン

ゼファルリンは、ヴィトックスが登場するまでは精力剤市場を席巻していたサプリ。サプリマンが初めて飲んだ増大サプリで、個人的にはペニス増大効果はナンバーワンだと思ってマス!(〃∇〃)

ただ、値段の高さのせいもあって人を選びマスね。そのせいか、コスパ最強のヴィトックスαに市場を奪われつつあります。(汗)

「金に糸目はつけねぇ!」っていう貴殿には、ぜひコイツをおすすめしマス!(〃∇〃)

-早漏対策を試行錯誤してみた結果
-

Copyright© メンズサプリ無料案内所 , 2017 All Rights Reserved.