メンズサプリ無料案内所

テストステロンとハゲの関係

テストステロンは基本的には「善玉ホルモン」ですが、「悪玉」に変わることがあります。

人の前立腺やペニス、毛穴には、5αリダクターゼという酵素があり、これがテストステロンを「DHT(ジヒドロテストステロン)」という、悪玉男性ホルモンに変えてしまうのです。

このDHTも最初から悪玉なのではなく、思春期には前立腺を成長させたり、ペニスを大きくするなどの作用がありますが、成人してからは不要で、前立腺のがんや肥大症、毛穴では脱毛を促進する悪玉ホルモンとなります。

男性型脱毛症(AGA)は、テストステロンが多いことが原因と考えられますが、一番の根本原因は、5αリダクターゼによって、テストステロンからDHTが大量に作られてしまうことです。

例えば、AGA治療に使われているプロペシア(フィナステリド)や、滋養強壮にも有効な天然成分ノコギリヤシのエキスには、5αリダクターゼがテストステロンに反応しないようにする作用があります。

この作用によって、悪玉ホルモンのDHTも作られにくくなり、ハゲ予防に最も効果的とされています。

最近の研究によると、DHTを抑えるとがん予防も期待でき、前立腺の病気や頻尿などにも効果的と言われています。

バイアグラによるテストステロンへの影響は?」へ続く


恥ずかしいワタクシめを、SNSを駆使して晒してください><

公開日:

当サイトの更新履歴